口蹄疫の拡大は人的災害か?

現在、宮崎県で発生している「口蹄疫」。

あまりにも政府の対応がずさんすぎと思うのは私だけでしょうか。。。

これまでの経緯:
4月20日 宮崎県において口蹄疫の発生が確認される
4月27日 東国原宮崎県知事が赤松農水大臣に報告、対策を依頼
4月30日 自民党から政府・与党に対策申し入れ→赤松大臣ドタキャン&米国へ
5月1日 東国原知事、政府・与党に対して自衛隊派遣による対策要請→無視される
5月5日 東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言に言及
5月6日 自民党から政府・与党に対して対策を再度申し入れ
5月10日 赤松大臣が宮崎県に現地確認に向かう
5月12日 赤松大臣、自民党議員と喧嘩(政府対応を批判されたため)
5月14日 赤松大臣、国税で被害の全額を補償するという趣旨の発言
5月17日 発生後1ヶ月にしてようやく政府として対策本部設置
5月17日 東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言発令
5月18日 亀井大臣、金融機関に支援要請?

なぜ、発生確認から1ヶ月も放置されたのか?
なぜ、危機管理対策を講じる判断をくだせなかったのか?
(農水大臣は外遊、福島瑞穂代行は自衛隊派遣に反対、首相は状況を放置)

もちろん、宮崎県側の対応が十分であったとは思いませんが、
都道府県をまたがる対応や、大規模な補償施策、国有地における対策等、
国でなければ出来ない対策もありますよね。
ましてやこういう感染病対策は、いち地方自治体だけで対応できるものではない
と思います。

・感染経路遮断のために、発生地域と未発生地域を分離し移動制限をかける
・近隣の都道府県をまたがって、大規模な消毒対策を実施する
・感染牛の予防的殺処分を行う
・農家に対する補償策を検討する
など、1ヶ月もあれば多くの対策が打てたんじゃないか?と思うんですけどね。

米国などがすごいなと思うのは、こういう場合の危機管理対策の速さ、ですね。
常に「有事の際にどうするか?」というシミュレーションがなされているようです。

日本では、有事の際に迅速に対応できるように事前にシミュレーションを行い、
対策を検討することにはあまり時間は割かれていないんでしょうか?

発生から1ヶ月もたっての本格的な対策など遅きに失しており、
残念ながらすでに被害は拡大。多くの牛さんたちが感染し殺処分されています。

官僚の答弁の中継を見ていると、
「感染が拡大する傾向が見られるようになったので~」
って、拡大する傾向?拡大してるだろ?拡大してからじゃ遅いだろ!
と突っ込みどころ満載です。

あと、中途半端な情報統制なんて役にも立たないわけで、
宮崎県産の肉や乳製品に対する風評被害も懸念されています。
逆に中途半端に情報統制をかけたことが、対策の遅れにつながっているのでは?
と考えてしまいます。

そしてマスコミはこの政府・与党の対応の遅れに対しては、
表立って避難する声を上げていない。。。

鳩山総理は、参院選対策しか頭の中に無いんでしょうかね?
それとも普天間で頭がいっぱいか?

それにしても、
こんな状況の中でタレント議員の擁立など、嬉しそうにやってる場合か?
なんて辛辣なことを思いつつ。。。

(実は最近お仕事でこちら方面に携わっていたりしますので他人事でないのです)



f0222190_13275144.jpg
[PR]
by blackbird2006 | 2010-05-18 00:17 | 政治


ビジネス系の話でありつつも、ゆるい感じで。


by blackbird2006

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
政治
経済
ビジネス
文化
未分類

以前の記事

2012年 01月
2010年 06月
2010年 05月

お気に入りブログ

むさしの便り、時々さぬき。

最新のトラックバック

テクハラ
from 流れゆくままに

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

Amazonレビューでステル..
at 2012-01-10 09:53
ユダヤ人はメルセデスを買わない
at 2010-06-11 06:28
会社における職位名称
at 2010-06-09 06:25
日本企業の人材流動化対応
at 2010-06-08 07:24
口蹄疫の拡大は人的災害か?
at 2010-05-18 00:17

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧