<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Amazonレビューでステルスマーケティング

さて、最近私がネットショッピングで一番利用している ”Amazon" について。

以前は楽天とかYahooもよく利用していたのですが、最近のAmazonでは、販売価格も比較的安く、送料が無料になるケースも多いため、買い物をする際はついついAmazonを最初に見に行ってしまいます。

そんなAmazon の便利機能の一つに、商品に関するレビュー機能があるのですが、この機能、最近色々と話題になる機会が増えております。
このレビュー。書籍や製品について、ちゃんとしたレビュー内容を書きこまれている方も多いのですが、炎上書き込みやらステルスマーケティングやらも横行するようになり、読む側にとっては書きこまれた内容の真偽がなかなかわかりにくい状況となっています。

で、Amazon側も対策の一環として、「そのレビューは実際に購入した人によるものか?」を、購入記録から認証して表示するという仕組みを入れたようです。
これで特に悪口系のレビューについては、実際に買った経験に基づくものかどうかが分かり、判断材料が増えることになります。


さて、ところで、私がうろうろしているコンサルティング業界では、その仕事柄、会社もしくは個人のマーケティングを兼ねて、本を出版される方が大変大勢いらっしゃいます(私も雑誌で短期連載を持った経験はあります)。
それらの書籍の内容は率直に申し上げると、まさに玉石混交。
自身のオリジナルなアイデアや、過去の実績等に基づいた素晴らしい内容の本もあれば、とりあえず書籍を出版した実績を作りたいがための”やっつけ本”もあります。
(実のところ、後者の本は非常に多いです)

で、Amazonのレビューでは、そういった書籍を出版した人達が、
 ・自作自演での推奨レビュー書き込み
 ・友人や会社の同僚に頼んでの推奨レビュー書き込み
  (もしくは、著者の友人達が気をきかせて自主的に宣伝している)
を繰り返しており、それを見分ける特徴として、
 1. 出版して間もないのに、すぐに高評価のレビューが立つ
 2. レビュアーはその本以外にはレビューの経歴がない
といったところがあります。

私は仕事柄、ビジネス関係の書籍を購入することも多いのですが、こういった感じのレビューしか立っていない本はあまり購入することはありません。

こういったステマ(ステルスマーケティング)系への対応は、Amazon側では困難でしょうし、書籍が売れるのであれば、著者・出版社・Amazonのそれぞれにメリットがあるので、積極的にステマを防止するつもりもないでしょうねぇ。

というわけで、やっぱり購入者側にも、玉石混交の中から必要な情報を取得するために一定のスキルやら経験が必要という状況はなかなか変わらないのでしょう。

ただ消費者側も、そういったことに対する嗅覚はどんどん磨かれていくので、ステマ的なものがいつまで通用するか、さらに巧妙なステマ技術が登場するか、興味深い所ではあります。
[PR]
by blackbird2006 | 2012-01-10 09:53 | ビジネス


ビジネス系の話でありつつも、ゆるい感じで。


by blackbird2006

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
政治
経済
ビジネス
文化
未分類

以前の記事

2012年 01月
2010年 06月
2010年 05月

お気に入りブログ

むさしの便り、時々さぬき。

最新のトラックバック

テクハラ
from 流れゆくままに

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

Amazonレビューでステル..
at 2012-01-10 09:53
ユダヤ人はメルセデスを買わない
at 2010-06-11 06:28
会社における職位名称
at 2010-06-09 06:25
日本企業の人材流動化対応
at 2010-06-08 07:24
口蹄疫の拡大は人的災害か?
at 2010-05-18 00:17

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧